golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

夏から秋にかけてのラフ攻略法|“次のラウンドですぐ使える”90を切るためのワンポイントテクニック

img_ec_8158
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは。

倶楽部ゴルフジョイの礎です。


礎 康之

礎 康之(日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロ)

【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、”大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。



第3回は「球がラフに半分程度沈んでいる場合」です。


9月も半ばを過ぎたあたりから、ゴルフのトップシーズンを迎えようとしています。

夏~秋のラフの攻略法についてお話してきていますが、まだまだ手ごわいラフの時期は続きます。

これから徐々に芝は茶色くなっていきます。しかし、緑の部分が残っているということは、”水分を含んでいる”ということです。ピークは過ぎましたが、あと1ヶ月ちょっとは、ラフの攻略を学んでいきましょう。


今回のポイントは、


①フェース面の使い方


②飛距離ダウンの受け入れ


です。



ややフェースを開きカット気味に
ややフェースを開きカット気味に.png

球がラフに半分程度沈んでいるライです。この状態から飛距離を落とさずに脱出するには、パワーはもちろんのこと、ラフと球の間に巧くヘッドを入れるテクニックも必要となってきます。


ややフェースを開き、カット気味(アウトサイドイン軌道)に振り抜きます。バンカーショットに似た打ち方です。マスターすれば、ラフの攻略にかなり役立ちますが、トライアル&エラーで、感じをつかんでいくしかありません。来年以降にマスターする予定としましょう。



飛距離ダウンを受け入れる
飛距離ダウンを受け入れる

現実策としては、7番アイアンで普通に打って、”確実に距離を稼ぐ”ことです。逆から見れば、飛距離ダウンを受け入れるということですね。


ラフからの基本の構え方と打ち方』では1段階目のライで、フェアウェイからのショットに比べて2割くらい飛距離がダウンすると述べました。2段階目の球がラフに半分程度沈んでいるライでは、4~5割はダウンするでしょう。



7番アイアンより長いクラブでトライしてみてもいい
7番アイアンより長いクラブで

無理をして長いクラブを使うと、ラフの抵抗をモロに受けて、5~7割もダウンしかねません。ここは、グッと抑えて7番アイアンで打つのが無難ですが、来年度の練習のためと思えるなら、7番アイアンより長いクラブでトライしてみてもいいでしょう。



打ち方

1. 球がラフに半分程度沈んでいるので、芝の抵抗に負けないように!と、腕に力が入りやすくなります。お腹に力を入れ、内ももを緊張させてスイングすることで、上半身はリラックスできます。

スイング

2. 球が見えている部分が少なくなるので、スイング軌道の最下点に気を付けて振り抜きましょう。ラフの下を潜り抜けてしまう「ダルマ落し」に要注意です。

スイング

3. 力むと、フォロースルーでアゴが浮きやすくなり、かなり手前からダフります。低い弾道をイメージすると、アゴが浮きにくいでしょう。

スイング


まとめ

2段階目の、球が半分程度沈んでいるライでは、手先だけのスイングではラフの抵抗に振り負けてしまいます。腕の振りはコンパクトにして、フットワークを活かした力強いスイングを心がけましょう。



この記事を書いたライター

礎 康之(ティーチングプロ)

礎 康之(ティーチングプロ)

【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、“大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。

http://www.club-golfjoy.com/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_ec_8158

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター