golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

【後編】ドライバーとアイアンの調子が揃わない!~原因と解決策~|ゴルフ何でこうなっちゃうの?#5

img_ishizue_5245
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは。倶楽部ゴルフジョイの礎康之です。


礎 康之

礎 康之(日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロ)

【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、”大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。



プレー中に突然、または、たびたび起こる、


何でこうなっちゃうの??


というアマチュアゴルファーの方が悩んでいる問題を解説していきます。


今回は、


ドライバーが調子いいときは、アイアンがダメ

アイアンが調子いいときは、ドライバーがダメ


ドライバーとアイアンの調子が揃わない

・具体例や症状編

・原因と解決策:前編

・原因と解決策:後編


全3回に分けてお送りします。



解決策と練習法#2

「スイング軌道は一つ」といっても、なかなかそう思ったようにスイングできない。そんな場合の対策、修正法もお教えしましょう。


傾斜地を利用した素振りが効果的です。


●アイアン編

アイアンは、調子が悪くなってくると、だいたい下からすくい上げるような動きになってきます。

アイアンは、左足下がりの傾斜地で修正するのがオススメです。


●●●●●●●●.png

左足下がりの斜面に沿っての素振りで、アッパー軌道の感覚を消しておくのです。

つまり、ミスの反対の動きを入れて”中和”するのです。



●ドライバー編

ドライバーの調子が悪いとき(症状によるが)は、飛ばそうと力んで、だいたい上から叩きつけるような動きになってきます。

アイアンと反対で左足上がり傾斜地で修正しましょう。ちょうどティグランドに手頃な傾斜地があるはずです。


逆に、ドライバーのアッパー軌道がひどい人(中上級者に多い)は、左足下がりで素振りをすれば、「下からあおる」と呼ばれる動きを抑えられます。



●付録

ドライバーは、かなり短く持つことで、シャフトのしなりが抑えられます。


●●●●●●●●.png

通常の長さで持ったスイングに比べ、曲がりは半分に減ります。



理解のポイント
●私の考える「飛んで曲がらない」スイング理論の3大ポイントは
1. スイング軌道全体(インサイド~インやアウトサイド~イン軌道といった、左右の曲がりに直結する)
2. スイング軌道の適正な最下点にクラブヘッドを通過させる
3. 適正な入射角

です。

常にこの3項目を意識して練習してみてください。

いずれは、何も考えずにスイングしても、無意識下で、3項目がクリアできていれば、スイングは完成したといっていいでしょう。



意外な盲点

ドライバーの素振りで、芝を擦ってませんか?最下点を意識していない証拠です。

ドライバーのインパクトでは、ヘッドは地面から浮いているべきです。


●●●●●●●●.png

ドライバーの素振りで、芝を擦るのは、”ミスショットのリハーサル”になってしまいます。



まとめ

ドライバーを、フェアウェイウッドの1番と考えてみてはいかがでしょうか。

昨今のプロゴルフ理論では、クラブの著しい性能アップにより、ドライバーとアイアンのスイングを分けて考える説もあります。


私の見当では、ヘッドスピードが50以上のプロ並みにヘッドスピードが速い人でない限り、ドライバーとアイアンのスイングは近づけたほうがいいと考えています。

そうすることで、ドライバーとアイアンの調子が偏ることが少なくなるでしょう。


しかし、ドライバーは、アイアンに比べてシャフトが長いし狙う距離も遠いわけです。当たり前ですが、アイアンよりはミスの頻度と度合いは高くなります。ここでのミスとは、OBや大ダフり、天ぷらなどの通常の半分も距離が出ないミスのことを指します。


前回の記事の【解決策と練習法#1】でご紹介した、「一番低いティアップでドライバーを打つ」を、ぜひプレーでも実践してみてください。


1. スタンス幅を肩幅程度(狭いかな、と感じるくらい)
2. ティアップは2センチ程度
3. 球の位置も、センターよりやや左側くらいでいい(左足かかと延長線上にこだわらない)

飛距離が出ないかもって?

いえいえ、かえってミート率が高まり、飛距離が伸びるケースが多いです。


仮に少し飛距離が落ちたとしても、わずかです。

上記3ポイントを守ってスイングすれば、高いティアップで出ていた大きなミスに比べ、ミスの頻度と度合いが小さくなることは確実です。


ドライバーが当たらなくても、アイアンやフェアウェイウッドまでなら当たる。だから、

「ドライバーは、フェアウェイウッドの1番」


●●●●●●●●.png

だと考える。


フェアウェイウッドは、基本的に、ティアップ無しで打つクラブだから、ドライバーを含め、全クラブをアイアンに近づけていくのがオススメです。





この記事を書いたライター

礎 康之(ティーチングプロ)

礎 康之(ティーチングプロ)

【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、“大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。

http://www.club-golfjoy.com/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_ishizue_5245

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター