golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

【1つ目の理由:前編】練習場ではナイスショットなのに、コースではサッパリ…。その理由は?

img_20150702013
TRACKMANで弾道測定してきた

▼練習場ではナイスショットなのに、コースではサッパリ…。その理由は?

・1つ目の理由:前編

1つ目の理由:中編

1つ目の理由:後編

2つ目の理由

3つ目の理由



※この記事は2015年7月3日に公開された記事を再編集しております。


こんにちは、倶楽部ゴルフジョイ代表の礎です。

ラウンド前日の練習は調子が良く、当日朝の、コースでの練習場でも絶好調。


「よーし、今日はいけるぞ!」


と期待してスタートしました。

しかし、なぜだか、いつもと同じパターンのミスの連続で撃沈。


結局、いつもと同じようなスコアになってしまった…

このような経験をお持ちのゴルファーは決して少なくないでしょう。

なぜ、こうなってしまうのか?


今回は、その原因や理由を探ってみましょう。


img_20150630001.png

アマチュアゴルファーの練習の大半は、練習場になると思います。

コースの芝の上から打つのと、練習場の打席との決定的な違いは、たくさんあると思いますが、今回は、“3つの理由”を挙げてみます。


1つ目の理由「目標に真っ直ぐ立てない」

  

コースでは、多くのゴルファーが、

「あれ? 真っ直ぐに立ててないよ」

「どこに向いているの?」

と、言われたことがあると思います。


私のレッスンの経験では、目標に真っ直ぐに構えられないゴルファーの約8割は、目標の右方向を向いてしまっています。

残り2割のゴルファーは、目標の左方向を向いてしまっています。


なぜ、「目標に真っ直ぐ」構えられないのでしょうか?


練習場の打席の、足元の枠の中では、ふつうの感覚を持っている人なら、平行に立てているものです。


つまり練習場では、“真っ直ぐ立ててしまう環境”が整っています。


人工物の環境では、

「直角」「平行」「垂直」がたくさんあります。

練習場のマット、足元も、平行や直角に囲まれています。


一方、コースの芝の上で、目標に構える場合はどうでしょうか?

どこにも「直角」「平行」なモノはありません。

もちろん、コース内の建物や整備上の物体は別です。


ルールでも、平行、直角を示すモノを利用して打つことは禁止されています。

では、なぜゴルファーは、芝の上からは目標に対して真っ直ぐに立つことが難しいのでしょうか?


その理由を次回から詳しくお話していきましょう。


続き:【1つ目の理由:中編】練習場ではナイスショットなのに、コースではサッパリ…。その理由は?





礎 康之の著書

■ゴルフ上達塾・絶対上手くなるゴルフの基本(コスミック出版社)

⇒ご購入はこちらから


■DVDゴルフ上達塾シリーズ

「スコアアップは基本から」全5巻

⇒ご購入はこちらから

「あっという間に100を切る」全4巻

⇒ご購入はこちらから


■常識はずれはゴルフが上手い(東邦出版社)

⇒ご購入はこちらから


この記事を書いたライター

礎 康之(ティーチングプロ)

礎 康之(ティーチングプロ)

【倶楽部ゴルフジョイ 代表プロ】25歳からと、“大人になってから”のゴルフ経験は、「アマチュアゴルファーの気持ちがわかるプロ」との好評を得ている。

http://www.club-golfjoy.com/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_20150702013

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター