golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

“強く賢く美しく”のボミちゃんを止めるのは誰か!?笑顔がカギだった2016年の日本女子ツアー

img_8977
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは、東龍太郎ひがしりゅうたろうです。


東龍太郎

東龍太郎

1年中カラダのどこかが痛い満身創痍の”へたれゴルファー”。アマならではの、ゆるいゴルフネタをご提供!



今回は日本の女子プロの2016年を振り返ります。

2016年も日本の女子ツアーは韓国勢が強かった!

 

2年連続賞金女王のボミちゃんをはじめ、元世界1位の申ジエさん、ビジュアル系のキム・ハヌルプロなど、賞金ランクのベスト10に韓国勢6人です(テレサーのルーちゃんを入れれば7人が外国勢)。


ですが、2015年は1~5位までが外国勢だったのに対して、2016年は3位に笠のりっちゃん、5位に鈴木の愛ちゃんが食い込んでくれました。2017年に希望がもてますね。とはいえ、もう一息、日本勢には頑張ってほしいです、やはり。


さて、まずは賞金ランク上位3人について、へたれ的にひと言。

2016年も、日本女子ツアーの”アイドル”ボミちゃんが主役でした。

“強く賢く美しく”をきっちり体現!(ホントは”清く正しく美しく”…でしたっけね)。


“強く”は、文句なしの2年連続賞金女王。”スマイル・キャンディ2というよりも、”スマイル・スナイパー”とでもいうような、ピンを刺すアイアンショットは見事でした。


“賢く”は、日本語でしっかりと話すことを心がけ、ライバル選手の好ショットには拍手をし、笑顔を絶やさない、まさにファンのハートをがっちりキャッチでした。それに、いい意味で本当に大人。見習うべき点がたくさんあります。


そして、”美しく”。もはやこちらは説明不要。期待される通り、華やかなゴルフウェアに身を包み、その振る舞いは本当に素敵でした。

なんといっても、女子ゴルフ界の”重鎮”樋口久子プロがベタ褒めですから。

解説中に、「ボミさんは可愛いですから」みたいなことをおっしゃってますしねえ。


2位の申ジエプロ。今年も仏様のような穏やかな微笑みとともに、日本勢を苦しめてくれました。まあ、元世界ランキング1位ですから、本気出せば賞金女王を狙ってくるのは当たり前。笑顔を絶やさない落ち着いた立ち振る舞いは、すでに菩薩の域に達しています。ボミちゃん同様、2017年も日本勢の強力なライバルですね。


さあ、お待ちかね、笠のりっちゃん。

大躍進の2016年。一時期は1位独走中のボミちゃんを捉えてくれるのかと期待もしました。

笑顔が増えたことで、女子ツアー”目元美しさナンバーワン”の魅力が全開!

プレーにもいい影響があったようで、躍動の2勝。印象的な目元で、”美しさ”の部分でもボミちゃんに肉薄でした。


ちなみに、先日、古閑プロの恋人、小平智プロと組んでテレビマッチに出ていましたが、その時も魅力爆発! 小平プロとは昔から仲が良いようで(古閑プロもご存知)、小平プロの好ショットを受けてのひと言がいい。


「智(さと)ちゃん、まじ、ドンピシャたい」


その飾らない熊本弁が魅力的で最高でした。応援したくなります。そんな笠プロには来年はぜひ賞金女王を獲ってほしいものです。


ツアー全体については、7戦連続で外国勢に優勝されていた公式戦で、鈴木の愛ちゃんの笑顔がはじけました。自身2年ぶりのメジャー優勝で外国勢の連勝を止めてくれました。


さらに、記録づくめの優勝で話題をさらったアマチュア畑岡奈紗ちゃん。アメリカ航空宇宙局NASAが名前の由来というのも面白い。「前人未到のことをするように」とつけられた名前のとおり、前人未到、史上最年少で国内メジャーのアマチュア優勝を成し遂げました。

二人のおかげで、メジャー4戦のうち、まずは半分獲った。来年は全勝です!


ただ、ツアー38戦中(1試合中止)日本勢の優勝は13試合という寂しい結果も。せめて半分は勝ってほしい。10月に松森彩夏プロが勝ってからは最終戦まで6試合連続外国勢の勝利なんです。これもちょっと寂しい。2017年は日本勢のロケットスタートを期待します!


2016年は初優勝を飾った日本人プロが何人かいました。福嶋浩子プロ、葭葉ルミプロ、ささきしょうこプロ、穴井詩プロ、松森彩夏プロなど。


福嶋浩子プロの史上初の姉妹優勝(姉はご存知、元賞金女王の福嶋晃子プロ)はなんだか感動しました。

ちなみに、ささきしょうこプロ。名前を見たときはオール平仮名って”オダギリジョー”風なの? とか思いました。名前を覚えてもらうためだそうで、そういう気持ちは大事ですよね、プロなので。しっかり一発で名前を覚えちゃいましたしね。

名前でいえば、モデル系プロと言われ、人気の”松森彩夏”プロも芸能人風。「AKBか!」ってツッコミたくなります(松森さんも妹さんがプロなので、20代姉妹優勝を狙っているようですねえ)。


ゆるいことばかり言っていてもなんなんで、ここで苦言を。

初優勝組は、優勝後の試合ではそれほどいい成績を出せてないようでした。2勝目できるかどうかがツアー生き残りの勝負なので、2017年はさらに飛躍してほしいです。


さらに、優勝できなかったけど2017年に期待大の若手プロを何人か。


・日本女子オープンで悔し涙にくれたランキング11位の堀琴音プロ

・ベストテン8回、ランキング23位の永峯咲希プロ

・前半の2試合連続2位などでランキング29位の柏原明日架プロ


2017年こそは初優勝、そして一気に賞金女王に! を期待です。


最後にちょっとだけ、アメリカLPGAに目を向けてみましょう。

なんといっても、野村敏京プロですね。アメリカで2勝、リオ五輪でも4位に入りました。来年もこの調子で日本勢を引っ張っていってほしい。

そして2017年こそ、宮里藍プロの復活優勝を! ですね。


なんだかいろいろ目白押しで、観る方も大変ですが、まずは「ストップ・ザ・ボミ」を誰が実現してくれるか、楽しみです! みんな、いい笑顔を見せてほしいですね!



この記事を書いたライター

東龍太郎

東龍太郎

1年中カラダのどこかが痛い満身創痍の“へたれゴルファー”。アマならではの、ゆるいゴルフネタをご提供!

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_8977

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター