golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口
  • タイガーデス

奇跡の腰痛ゴルフ!腰痛でお久しぶりの80台!痛いほうがスコアがいい!?

img_ec_7732

こんにちは、東龍太郎ひがしりゅうたろうです。

みなさん、腰、お元気ですか?


東龍太郎

東龍太郎

1年中カラダのどこかが痛い満身創痍の”へたれゴルファー”。アマならではの、ゆるいゴルフネタをご提供!



 

わたくし”へたれゴルファー”は、最近腰の痛みがひどいのです。

20代のころテニスでギックリ腰をやって以来、ず~っと腰痛もちで、30代からの無謀なゴルフ練習がさらに症状を悪化させました。


右にテークバックして左に振り出すという一方向の動作を繰り返すゴルフのスイング(右打ちの場合)で、骨盤はズレるわ、カラダのバランスは崩れるわ、まさに、痛みマックスの状態なんですね(そういう方、多くないですか?)。


20年以上、わたくしが通院しているスポーツドクター(元オリンピックトレーナーの人気ドクター)いわく、「ゴルフの練習後は左打ちの素振りをしなさい」。要するに、一方向で行ったきりではなく、カラダのズレよ、帰って来い! ってことで、逆方向の素振りでカラダのズレを整えるんですね。


片山晋呉 左打ち

片山晋呉プロが、一時期、ラウンド中に左打ちでのスイングを行っているのをゴルフ中継で見ることがありました。いまも練習で行っているようですが、その動画を見ていると、右打ちの合わせ鏡を見ているような美しいスイング。目的はやはり左右のカラダのバランスを整えることとか。片山プロは左打ちでも80台でラウンドするらしいので、バランスは完璧のような気がしますが…(ホント、永久シードはダテじゃないっす)。


そんなこんなで腰が痛いながらも、わたくし、ラウンドが近かったので練習に行きました。こわごわスイングするとやはり痛い。でも、痛いながらも不思議と良いボールが出ます。極端に左右にブレたりもしないんですね。


そしてラウンド。腰は痛いんですが、なんと久々の80台が出たんです(いやあ、半年ぶり)! 一緒にまわったゴルフ歴約30年の”ほぼシングルプレーヤー”の友人も驚いていました。とはいえ彼も数年前、かなりの腰痛に見舞われながらスコアは82。歩く時も前傾姿勢で、まるで猿の惑星のようだったんですが、安定のスコアだったんですね。

なんなんだ、腰痛!?


腰痛 ゴルフ

ということで”へたれゴルファー、腰痛で久々の80台”の要因を分析してみました(”ほぼシングルプレーヤー”の知恵も借りつつ…)。


まず言えるのは、腰の痛みによって、良いスイングのポイントである「頭を動かさない」「前傾姿勢の維持」が強制的に守られたのではないかということ。


「頭を動かさない」は、よく言われますよね。トッププロはアドレスからインパクトまで頭の位置はほとんど動きませんよね。頭が動くということは、スイング軸がぶれ、インパクトの位置(前後)がずれるということ。当然、放たれるボールは安定しません。 

 

さらに「前傾姿勢の維持」。こちらも基本中の基本。前傾姿勢が崩れると、スイングの軌道が乱れてしまい、またまたインパクトの位置(今度は上下)がずれますね。結果はトップやダフリを生んでしまう。


この2つのポイントが、腰痛だとある程度守られる(らしいのです)。というか、痛くて過剰に動けないので、頭の位置が動かず、前傾姿勢も維持され、コンパクトなスイングになる。球筋が安定するんですね(嘘みたいですが…)。


頭を動かさない 前傾姿勢

それに、妙な力みもなくなります。そりゃあ、そうです。力を入れたら痛いんですから。マンぶりなんてハナッからできない。素早くカラダが動かせないのが、ゴルフのスイングには意外に悪くないんですよね。ボミちゃんも藍ちゃんもゆっくりスイングですよね(お前とは素質が違う! という怒号が聞こえてきそうですが…ま、承知しております)。


そしてなによりも、メンタリティーが変わる。無駄なリスクを負わない、無謀なチャレンジをしない、グリーンまでのルートの選び方が変わる…その結果がスコアにつながる、ということですね。”ほぼシングルプレーヤー”もここのところ、とくに重要だと分析していました。


とかく、わたくしたちアマチュアは技術がないのに自分のできる以上のことをしようとします(まあ、それが楽しみでやってる部分もありますが)。その無駄や無謀さがスコアを破綻させる原因になる。それをしっかり自覚できれば、スコアをきっちり作れるということなんです。技術以上に大事なんですね、ココが。


普段、いかに自分自身が余計な動き、余計な思考をしていたのか、という”気づき”があった今回の腰痛ゴルフ。腰痛でお悩みのゴルファーのみなさんも意外と”新たな気づき”があるかもしれませんよ!



この記事を書いたライター

東龍太郎

東龍太郎

1年中カラダのどこかが痛い満身創痍の“へたれゴルファー”。アマならではの、ゆるいゴルフネタをご提供!

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_ec_7732

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター