golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

ゴルフを続けるために必要なものは”お金と仲間”とやっぱり”やる気”!?

img_ec_8431
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは。

ゴルフィ公式ライターのrinokamです。


rinokam【ゴルフィ公式ライター】

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

某トーナメントコースでのキャディ歴10年で1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。



あなたの現在の”ゴルフ熱“はどのくらいでしょうか?


ゴルフが生活の一部になっているという、どっぷりゴルファータイプ?
趣味は?と聞かれたらやっぱりゴルフかなと答えるという結構ゴルファータイプ?
一応誘われたら乗っかるけれど、自分からは計画しないという、ほどほどゴルファータイプ?
道具は持っているし、ラウンドもしたことがあるけど…という、なんちゃってゴルファータイプ?


ゴルフはとても魅力的なスポーツですが、継続して行うには色々な条件が整っていないと難しいかもしれませんね。


例えば”お金”は切実な問題です。

一昔前から比べると全体的に価格が下がってきているとはいえ、ゴルフ場に支払うプレー代は万単位になってしまうこともしばしばです。


地方では4,000~5,000円程度でプレーできるところもありますが、そこに行くまでの交通費がバカにならないことも。

このようになかなか手軽に楽しめるスポーツとは言えないのがゴルフの現状でしょう。


あなたがもし、ゴルフに対して「ちょっと熱が冷めてきているな」と感じているとしたら、それは何が原因でしょうか?


ゴルフを続けるために必要なお金仲間やる気の3つについて考えてみたいと思います。




お金がなければゴルフは続かない!
お金がなければゴルフは続かない

何といっても「ゴルフはお金が掛かる」というのが継続する上でひとつのネックになってくることは言うまでもありません。


「お金の心配なんてしたことがない」というセレブの場合は別ですが、やはりプレー代や練習場代、そしてクラブなどの道具代はゴルフが好きではないととても払う気になれませんよね。


特に最初に頑張って揃えた道具も、少しずつ古いモデルになってしまい、気合の入ったゴルファー仲間の道具とついつい比べてしまうことも。


そんな時に「よし、自分も買い替えるか!」と思うのか、「もうゴルフにお金を掛けるのはいいかな…」と思うのかは、その時のゴルフ熱の差とも言えるでしょう。




自分よりゴルフに熱い仲間がいるとゴルフの機会が増えてくる
ゴルフに熱い仲間

ゴルフを趣味として続けていくのに心強い存在は、”自分よりゴルフに熱い心を持っている仲間”です。


このような存在がいると、勝手にゴルフの予定を組んでしまったり、コンペを開催したり、練習場へ誘ってくれるようになります。


ちょっと自分がゴルフに対する気持ちが薄れてきているような時でも、仲間が誘ってくれることで、自然と続けていけるのです。


もちろん、自分がそのような存在になっても良いのですが、ゴルフ熱が上がったり下がったりする浮気なタイプの方でしたら、ゴルフを続けていく上で一番大切なのは”ゴルフ仲間”なのではないでしょうか?




結局はやる気の問題?
結局はやる気の問題?

“お金と仲間”はどちらもゴルフを続けていく上でなくてはならない存在ですね。


しかし、やはり一番必要なのは本人の”やる気“です。


「忙しい」といっても、ゴルフの為なら時間を融通させるのかどうなのかは本人の気持ち次第です。


「お金が掛かるから」といって、ゴルフのお誘いを断ってしまうのも本人にとってゴルフのコストパフォーマンスに魅力を感じないからでしょう。


結局は、ゴルフに対する思いや気持ちが高まれば、”お金や仲間”をゴルフに呼び寄せ、ゴルフに使うことができます。


あなたの中でゴルフを趣味として、やりがいあるスポーツとしてなど、どう位置付けるのかによってこれからもどんな”ゴルファー”であり続けるのかを考えてみてはいかがでしょうか?




おわりに

近年、残念ながらゴルフ人口は減少の一途を辿っており、若い世代は特にゴルフに魅力を感じなくなってきているようです。


しかし、ゴルフの楽しさはゴルフをされている方なら、よくご存知だと思います。


ぜひ、あなたが”ゴルフに熱いゴルファー“になって、ゴルフ仲間を増やしてください。

ゴルフの楽しさを共有して、ゴルフパワーを広めませんか?



この記事を書いたライター

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

某トーナメントコースでのキャディ歴10年で、1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_ec_8431

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター