golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口
  • タイガーデス

ゴルフのレフティは肩身が狭い!?左利きのゴルファーの皆様へ~がんばれレフティ!

img_ec_5500

こんにちは。

ゴルフィ公式ライターのrinokamです。


rinokam【ゴルフィ公式ライター】

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

某トーナメントコースでのキャディ歴10年で1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。



レフティと言って思い浮かぶのが、バッバ・ワトソンやフィル・ミケルソン。独特なフォームで圧倒的な存在感を放つ、超一流のプロゴルファーです。


しかし、プロゴルファーの中でレフティであることが、その特徴になるほど、左利きゴルファーの数が少ないのが実情です。


どうしてレフティゴルファーは少ないのでしょうか?




左利きだけど右打ちへ変更

左利きだけど右打ちへ変更

実は左利きの選手は、もっとたくさんいます。しかし、左利きであるのもかかわらず、ゴルフでは右打ちをする選手が多く存在するのです。


有名なのは岡本綾子選手で、左利きであるのもかかわらず右打ちをしています。彼女の時代は、左利きの道具が今ほど豊富ではなく、必要に迫られて右で打っていたそうですが、韓国などは、左利きの選手も皆一様に右利きへ変更させるのだそうです。


また、海外のプロの試合をよく観察していると、スコアやコースメモを取る際には左で書いている選手が多いことに気付きます。


つまり、意識的に右打ちに変更している(ゴルフを始める際に右打ちで行う)のです。



これは、理由として、左打ちを極めたコーチがほとんどいない事が挙げられます。ゴルフを始める最初の段階で、右打ちを伝授されるのです。必然的に右打ちになってしまいますよね。実際に海外のプロ選手に「左利きなのに、どうして右で打っているのですか?」と聞いたところ、「理由は特にないけれども、最初にそう教わったんだ」と答えてくれました。


全世界で左利きの割合は人口の約10%程度だと言われています。これは多少の誤差はあっても、どこの国でも共通なのだそうです。

しかし、ゴルフに至ってはこのように右打ちで習い始める方も多いため、もっと少ない比率になってしまうのです。


フィル・ミケルソンはかっこいい

※ちなみにフィル・ミケルソンは右利きにも関わらず左打ちしている希有の存在です。




レフティの悩み

左利きには悩みがある

では、そんな貴重な存在のレフティゴルファーですが、普段のゴルフでは、デメリットを多く感じているようです。

どんな点が大変なのでしょうか?例を挙げてみましょう。


練習場の打席が右端にしかない。

練習場の打席で他のゴルファーと向い合せになってしまう。

クラブを人から貰うことができない

レフティ用の道具は種類も少なく割高

コースのティーグラウンドで、他のプレーヤーと目が合ってしまう。


いかがでしょうか?これ以外にももっといろいろあるかもしれませんね。毎日の生活でも色々と不便があると思いますが、ゴルフでも苦労が多そうです。




レフティの集まりがある!

日本レフティゴルフ協会

そんなレフティの方々が集まって、レフティの悩みを分かち合いながら、ゴルフを楽しもうという団体があります。その名も“日本レフティゴルフ協会”です。日本でも数少ないレフティのプロゴルファーである羽川豊氏を特別顧問に迎えています。


日本レフティゴルフ協会HP

http://nalg-japan.org/

レフティの方々で集まって大会も行われており、2016年の4月には第24回世界レフティゴルフ選手権が日本で開催されるそうです。日本での開催は1997年開催以来19年ぶりとの事なので、大変盛り上がっているようです。

約200名のレフティの方々がプレーされるそうなので、もし見学できたら非常に不思議な感覚に陥りそうですね。


いつもは他のゴルファーと違う方向を向いて打たなければならないのですが、この大会では、心置きなくゴルフが楽しめるのではないでしょうか?


もし、孤独なレフティのゴルファーがいらっしゃったら、こんな大会に出てみるのもいいですね。




おわりに

ゴルフではレフティは肩身が狭いことが多いです。キャディの立場からすると、クラブを磨くときにクラブのフェース面が反対方向を向いているので、少し面倒だなと感じる程度ですが、きっとレフティの皆様は色々気を使われているのだと思います。


頑張れレフティ!



この記事を書いたライター

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

某トーナメントコースでのキャディ歴10年で、1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_ec_5500

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター