golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

おさらいゴルフ用語~グリーンの速さ(スティンプ)とは~

img_rinokam_2197
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは。

ゴルフィ公式ライターのrinokamです。


ゴルフ場のフロントやマスター室前で、「本日のグリーン○○フィート」と表示した看板を目にすることがあると思います。

これは、グリーンの速さを示したものですが、疑問点がたくさんありませんか?

どうやって計測しているのか?速い・遅いの基準は?フィートって?など、色々分からないことだらけです。


今回は、この速さ(スティンプ)について調べてみたいと思います。




速さはスティンプ・メーターで測る

スティンプ・メーター

グリーンの速さを計測する器具を「スティンプ・メーター」と言います。

E・スティンプソンという方が考案したので、その名が付けられているのだそうです。

これは金属レールのような棒(3フィート≒約90cm)に、溝が付けられただけの簡易なものです。


これを使って、グリーンでボールを転がすという、いたってシンプルな方法で計測します。


まず、溝にボールを置き、スティンプ・メーターをゆっくり持ち上げると、ある一定角でボールが自然と動き始めます。


その転がった距離を計測するのですが、その際は、なるべく平坦なグリーン上で測り、尚且つ、傾斜や芝目を考慮し、反対方向や対角など、2~4方向に転がして、その平均値を割り出すのだそうです。


棒の長さが3フィートですから、例えば、3本分なら9フィートと計測できます。

そうして、「本日は9.0フィート」などと結果が出るのです。


このようにしてグリーンの速さを測っているのですね。


意外と原始的なやり方だったので、拍子抜けしてしまいますが、プロトーナメントでも、ほぼこの方法で計測しています。

グリーンが速ければ、それだけ転がりますから、数値が大きいほど速いグリーンという事になります。


だいたい8~9フィートぐらいが、一般営業中の平均的な速さです。10フィートを超えると、かなり速いと感じると思います。


ただ、ゴルフのグリーン上だけに存在する数値ですから、体感して覚えないと速い遅いはピンとこないと思います。

「9フィートの時は、これくらいのパッティング加減で」という自分なりの基準を作って、そこから調整してみてください。





トーナメントは11~13フィート

トーナメント グリーン

さらにこれを、トーナメントなどの競技仕様にする為には、芝を刈りこみ、目砂をし、ローラーをかけて、最終的には11~13フィート程度にグリーンを仕上げます。


ちなみに、グリーンの硬さを示すものに「コンパクション」というものがあります。これもグリーンスピードを決める要素の一つです。

こちらもバネを内蔵した筒のようなものを、グリーン表面にあてて計測します。特にアプローチショットなどの際に影響が出ますので、気にしたい数値です。


しかし、実はこのコンパクションの表示は、指標硬度とコンパクション値の表記が混在しているので、ゴルフ場によって表示が異なります。

ですので、とりあえず自分がよく行くゴルフ場の数値から、硬さをイメージしていくようにしてください。




様々なメンテナンス

グリーンのメンテナンス

さらに、刈り高も重要なポイントです。基本的には短く刈る方が速くなりますが、カット方法(シングルカット・ダブルカット)によっても異なりますので、一概には言えません。

ダブルカットにすることで、芝目を極力なくし、接地面が減ることによって傾斜に沿った転がりを期待することができます。

こうした、カット方法にも、グリーンの仕上がりの要素を決めるものがあるのです。


また、砂が入った状態を極端に嫌う方がいますが、芝の管理をする上で、重要な作業ですし、砂が芝の間に入り込み、表面の段差がなくなりますから、基本的に速くなります。

(湿っている場合や、砂入れが偏っている場合は除きます)


見た目はちょっと残念かもしれませんが、受け入れて下さいね。




芝に過酷な速さの維持

高速グリーン 芝に過酷

では、最後になぜゴルフ場は、いつも速いグリーンにしないのか?なのですが、速い状態のグリーンは、非常に芝に負担をかけるものなのです。

夏は暑さで芝も弱っていますので、短く刈り込み過ぎてしまうと、芝自体が枯れてしまします。

そうなってしまうと、芝自体を張り替えるしかありません。


冬の乾燥した時期にグリーンを速くするのは、環境が整っていますので、可能なのですが、夏や雨季などは、負担を軽くし、芝を休ませる必要があります。

なので、夏の暑い時期に「グリーンが遅い!」と怒っても仕方がないのです・・・


こういった基本的な知識があると、ゴルフ場で書いてある数字が、色々読めてくると思います。




終わりに

グリーン パッティング

ゴルフ場でしか目にしない、独自の数値である、スティンプ(速さ)やコンパクション(硬さ)について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。


コースに表示してある、コンディションを確認し、そのスピードや硬さがイメージできるようになったら、あなたのゴルフも相当レベルアップしていると思いますよ。



この記事を書いたライター

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

rinokam【ゴルフィ公式ライター】

某トーナメントコースでのキャディ歴10年で、1万人以上のゴルファーを観察。ゴルフの面白さを、キャディとゴルファーの両目線でお伝えします。

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_rinokam_2197

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター