golfee ゴルフィ
ゴルフ好きのための新しいWEBメディア[ゴルフィ]
  • TRACKMAN
  • 武夫のゴルフ上達物語
  • そこは自分だけのゴルフの世界への入口

アイアンの種類と選び方のポイント|初心者にはキャビティアイアンがおすすめ!

img_9817
TRACKMANで弾道測定してきた

こんにちは!ゴルフィ編集部です。


ゴルフィ編集部

ゴルフィ編集部

ゴルフをもっと楽しく!すべてのゴルファーへ”楽しい・嬉しい・新しい”をお届けします。



アイアンショットを上達するためには、もちろん練習することが大事ですが、自分に合っているアイアンを使うということが最も重要かもしれません。もしかしたら、アイアンを変えるだけでショットが変わるかもしれませんよ。


今回は、アイアンの種類と特徴、選び方について解説します。

アイアンの種類
アイアンの種類は3つ

アイアンの種類は大きく分けて3つあります。それぞれ、マッスルバック・キャビティ・中空と呼ばれています。

1. マッスルバックアイアン
マッスルバックアイアン

アスリート向けのアイアンです。


フェースが小さく、いかにも難しそうな見た目をしています。ヘッドの操作性が良いと言うのがマッスルバックアイアンのメリットです。
ヘッドの操作性が良いとは、簡単に言うとボールを曲げやすく、スピンをかけやすいということですね。
デメリットは、ミスに弱いことです。芯を外すと大きく飛距離を落とすことになります。

2. キャビティアイアン
キャビティアイアン

万人向けのアイアンです。


マッスルバックに比べて、フェースが大きく当たりやすそうな見た目です。見た目通り、スイートスポットが広く、ボールが上がりやすいと言うメリットがあります。
スイートスポットが広い=ミスに強いアイアンと言えます。芯に当てることが苦手な人におすすめのモデルです。

3. 中空アイアン
中空アイアン

中空アイアンは、構造が特殊です。


なんとクラブの中が空洞になっています。アイアンの中でも重心が深いのでボールを上げやすいと言うメリットがあります。

初心者にはキャビティアイアンがおすすめ

初心者におすすめするのは、キャビティアイアンです。種類も豊富ですし、お値段もお手頃なものが多いです。


ボールを意図的に曲げたり、スピンをかけるようなことをしたければ、マッスルバックがおすすめですが、初心者の第一歩としてアイアンを真っすぐ打てるようになることが重要なので、ミスに強いキャビティアイアンがおすすめです。

シャフト選びは慎重に
スチールシャフトとカーボンシャフト

アイアンのシャフトは大きく分けると2種類あります。スチールシャフトとカーボンシャフトです。大きな違いは、重さです。


もちろん、これはイメージ通りかと思いますが、カーボンシャフトの方が基本的には軽いです。
“基本的には”と付けたのは、最近では、軽量スチール、重量カーボンなどが登場し、カーボンより軽いスチールや、スチールより重いカーボンが出てきているからです。でも、やはり主流としては、まだまだカーボン=軽い、スチール=重いという認識で良いかと思います。


全体的なイメージとしては、


カーボン=球が上がりやすい=飛距離が出やすい
スチール=球を低く抑えやすい=方向性が良くなる


と言ったイメージで良いかと思います。
アイアンで球を上手く上げることができない初心者の方は、カーボンシャフトを選ぶと球が上がりやすくなりますよ。

重量について

アイアンの総重量は、”グリップの重さ+シャフトの重さ+ヘッドの重さ”です。
例えば、5番アイアンは軽いもので350gくらい~重いもので430gくらいの重さです。


「えっ?たったの80gの差しかないの?」と思うかもしれませんが、ゴルフクラブにおいて、80gの重量の差は体感的にかなりの違いがあります。
一般的には、振れる程度で重いものが良いなどと言われていますが、「振っていてちょっと軽いなと思えるくらいのものの方が良い」というような人もいます。


基本的な選び方はヘッドスピードに合わせます。


ヘッドスピードが速い人は、重量の重いものを。
ヘッドスピードが遅い人は、重量が軽いものを。


これが基本です。

ネック形状で球筋が変わる?

ネック形状とは、アイアンのヘッドのネックの部分。ネックとは、ちょうどヘッドにシャフトが刺さっているところです。
このネックの部分が、真っすぐなものをストレートネック、後方に曲がっているものをグースネックと言います。


ストレートネックとグースネック

初心者にはグースネックをおすすめします。
グースネックのアイアンはフェースが後方に引っ込んでいる分、ボールに当たるタイミングが遅くなりますので、フェースが戻ってきやすくなります。


初心者から中級者までのゴルファーのミスで多いのが、フェースを戻すことができずにスライスするというミスです。要は、ボールをつかまえることができないと言うことですね。
基本的なことですが、常にボールをつかまえることができれば、かなりの上級者と言ってよいでしょう。それほど、アマチュアゴルファーはボールをつかまえることができていないことが多いです。


グースネックは構えた時に、フェースがボールをつつみこんでいるような見た目になるので、いかにもつかまるような気がして安心できます。
ゴルフはイメージが大事なスポーツです。「ああ、なんか右へ行きそうだな…」と思ったら、大体、右へ行きますよね。ですから、構えた時のイメージと言うのもアイアンを選ぶ重要な要素になります。一般的には”顔が良い”と言いますね。



最初は初心者向けのクラブで!

何となく、見栄を張って上級者向けのアイアンを選んでしまいがちですが、最初はやはり初心者向けのアイアンを選ぶことが、ゴルフを上達させるための近道です。


アイアンで球をしっかり上げることができれば、スコアは間違いなく良くなります。スコアが良くなってくれば、自然と球を曲げたくなったり、球を低く抑えたくなったりします。その時に、アイアンを選び直すことができます。


もちろん、キャビティアイアンやカーボンシャフトが、球を曲げたり低く抑えたりできないわけではありませんから、そのまま技術だけを向上させることもひとつの道です。初心者向けのアイアンを使っている上級者もたくさんいます。
上達のために、まずは自分に合ったアイアンを見つけることが重要ですよ!





この記事を書いたライター

ゴルフィ編集部

ゴルフィ編集部

ゴルフをもっと楽しく!すべてのゴルファーへ”楽しい・嬉しい・新しい”をお届けします。

http://golfee.jp/
このライターの記事をもっと見る
LINEで送る送る RSSを購読する follow us in feedly img_9817

この記事を読んで
気に入ったらいいね!

関連記事

新着記事

人気記事

タグ検索

RSSを登録する

follow us in feedlyfeedlyをフォローする

  • ゴルフの主治医|倶楽部ゴルフジョイ
  • ゴルフィサポーター